葉酸サプリの成分表の天然と合成の違いとは?どちらを選ぶべき?

葉酸サプリの成分表示を見ると、天然合成があるようです。どちらも葉酸を含んではいますが、具体的にはそのような違いがあるのでしょうか。今回は、葉酸サプリの天然・合成の違いについてご紹介していきます。

葉酸サプリには天然と合成がある?

サプリ 比較

葉酸サプリを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

たくさん種類がありすぎて違いがよく分からない場合、何となく天然の方が合成より良さそうなので、「天然」や「自然派」と書かれているサプリを選ぶ人も多いでしょう。

しかし、本当に葉酸サプリは、天然成分の方が合成成分よりも優れているのでしょうか?

ここでは、それぞれの特徴や違いについて、ご紹介していきます。

天然

天然の野菜や果物に含まれる葉酸は、ポリグルタミン酸と呼ばれるものです。

葉酸サプリの成分表示に「ポリグルタミン酸」と書かれているものは、天然の葉酸のことを指します。

葉酸は水に溶けやすく、熱で分解されやすい栄養素なので、加工段階でどんどん含有量が減ってしまう特徴を持ちます。

また、ポリグルタミン酸は吸収率が悪く、摂取したおよそ50%程度しか体内に吸収されないと言われています。

合成

合成の葉酸は、「モノグルタミン酸」と呼ばれています。

モノグルタミン酸は、葉酸の成分の吸収率を高めるために合成された成分なので、吸収率からいえば天然の葉酸より効率的に摂取することができます。

モノグルタミン酸の吸収率は、摂取量のおよそ85%です。

合成と聞くと身体に良くないイメージを持つこともありますが、モノグルタミン酸も元はポリグルタミン酸であり、酵素を加えて吸収率を高めた成分なので、全くの別物ではありません。

葉酸サプリは天然と合成のどちらがいいの?

疑問 ?

葉酸サプリを選ぶときに確認しておきたいのは、天然と合成それぞれのメリットとデメリットです。

どちらにもそれぞれ違った良さがあるので、自分の体質に合わせて選びましょう。

天然タイプのメリット・デメリット

葉酸は本来、野菜や肉、魚など私たちが普段口にしている食品に含まれている栄養素です。

その食品から抽出された天然の葉酸サプリは、身体にとっては負担が少なく、安心して摂取することができます。

しかし天然の葉酸は分解されやすく、身体に吸収されにくい特徴があり、これはそのまま天然の葉酸サプリにも言えることです。

また、天然素材にこだわった葉酸サプリは価格が高いので、飲み続けることができないことも多いようです。

合成タイプのメリット・デメリット

葉酸サプリのほとんどは、合成の葉酸が使われています。

厚生労働省が妊婦の摂取に推奨しているのは、実は吸収率の高い合成の葉酸サプリなのです。

効率的に摂取できるモノグルタミン酸の葉酸は自然界には存在しないため、合成タイプの方が効果が高いと言われています。

天然の葉酸サプリと比べると、安価な点も嬉しいポイント。

しかし一方で、合成葉酸サプリは吸収率が高いことで、過剰摂取になる可能性があります。

葉酸を摂りすぎると、かゆみや発熱、呼吸障害を起こすことがあります。

また、妊婦が葉酸を過剰摂取し続けると、赤ちゃんが喘息を発症する可能性も指摘されていたりと注意が必要です。

※関連記事
葉酸サプリ2018年版おすすめを比較!厚労省も摂取を推奨

葉酸サプリの天然と合成でアレルギー症状に違いはある?

葉酸自体はアレルギーの原因となるものではないので、天然、合成いずれの葉酸でも心配はありません。

しかし葉酸サプリは、飲みやすいようにカプセルや錠剤になっているものが多く、形状を整えるために添加物が使用されている可能性があります。

添加物は動植物の成分から作られているものが多いため、アレルギーの対象となる成分が含まれていないかチェックしましょう。

葉酸サプリは天然・合成以外にも成分をチェックしよう

女性

特に妊娠中のママが葉酸サプリを選ぶときには、お腹の中の赤ちゃんのことも考えて、天然・合成以外にも成分表示をしっかり確認してください。

飲みやすくて続けやすい葉酸サプリを見つけて、健康な体をつくりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です